BANDERAS

いつ:
2018年8月5日 @ 3:00 PM – 8:30 PM
2018-08-05T15:00:00+00:00
2018-08-05T20:30:00+00:00

[BANDERAS]

piano  小関一馬

vocal – 萩谷嘉秋

choras,percussion – Yasuji

choras,percussion – Tinnen(ex.EKD.ex未来世紀メキシコ)

bass – 藪本裕人(Mongoroid Union)

conga – 伊達弦(ex.Orquesta De La Luz)

bongo – Izpon(ex.KINGDOM AFROCKS,ex.AOA,鎮座Dopeness & Doping Band)

timbales – 小川岳史(ex.JEMSTONE

trombone – 中山まさゆき

trumpet – 四方田テムジン直人(Mountain Mocha Kilimanjaro)

 

ファンク、R&B、レゲエ、キューバン、サルサ、アフロビートなど様々な音楽の現場で独自のスタイルを持ち活躍するメンバーが呼応するかのようにサルサの名のもとに集まった。

いったい彼らはサルサという音楽に何を求め何を発露させようとしているのか…汗とロマン、笑いと涙とを胸にバンデラスが行く。

2014年11月 数人のメンバーでスタジオでのセッションを始める。

2015年8月 ライブ活動を開始。

2016年5月 1st 7inchシングル、”Tema de Banderas/ Banderas Mambo”をリリースし、南米のサルサ情報サイトへの掲載や、アメリカの音楽配信サイト、バンドキャンプのウィークリーにもピックアップされる。

このリリースを皮切りに大阪、愛知、三重、秋田など各地のイベントへ出演し、初ライブから約1年となる同年夏にはフジロックフェスティバルクリスタルパレステントへ出演。

年末にはサルサバンドの殿堂ともいえる原宿クロコダイルのカウントダウンイベントにも出演する。

2017年6月 2ndシングル “Turn your lights down low / ¡ AY JOE !”を発売。

日本最大規模のワールドミュージックフェスティバル、スキヤキミーツザワールドへの出演やリリースツアーを成功させる。

2018年3月、1stシングルがスイスのレーベルMatasuna Recordsよりリリースされ、Juno Recordsのインターナショナル・チャートで1位を獲得するなど、海外での注目度も上昇中。

サルサシーンからクラブ・バンドシーンまでジャンルにとらわれず様々な現場へ様々なアーティスト達と共演しサルサ・ラテンミュージックの新たな道を邁進している。

https://www.salsadebanderas.com

 

[DJ’s  CHAMP crew]

YOSUKE TOMINAGA

OIBON

大塚広子

四丁目

HICKEY

中島雅人