SCHEDULE

8月
1
Karatch in the evening Karatchアルバムリリース記念神奈川ライブサーキット! 葉山オアシススペシャル
8月 1 @ 5:00 PM – 8:30 PM

カラムシ(vo)

岩ッチ(Gt)

タカヒロ(Key)

ユキオ (Per)

リュウコウ (Bs)

コブラ斎藤 (Sax)

8月
2
Aloha! Jammin’Kids2018 夏休みの平日開催!!!
8月 2 @ 2:00 PM – 6:00 PM

Jammin’Kids 2018は、8月2日の夏休みの平日開催!!!

Go out with kids for rhythm!こどもを連れて遊びに来れる、

こどももおとなも楽しい音楽イベント!葉山の海の家「Oasis」にて開催!

ハワイからのウクレレシンガーユニット「Teagan&Kaylen」 , BE THE VOICE , 小川コータ&とまそんが出演!こどもが楽しめる曲満載!!

https://jamminkids.jp/

 

[Teagan&Kaylen from Hawaii]

https://www.instagram.com/tegankaylen/

 

[BE THE VOICE]

http://www.bethevoice.com

 

[小川コータ&とまそん]

http://www.kotatoma.net

8月
3
“goody goody × PUSH RAP SING” in 海の家OASIS Suported by Lafayette fujisawa
8月 3 @ 4:00 PM – 8:30 PM
◆Live◆
鎮座DOPENESS
RITTO
CHAN-MIKA
KEIZOmachine! from HIFANA
IZPON
◆DJ◆
SEX山口
LEGENDオブ伝説 a.k.a.サイプレス上野
ABESTREEM
RUSTY JUKE
JP(from OASIS)
◆DANCER◆
TAKESABURO
KoRo
PUSH! RAP! SING! vol.5 2018
★夏の海の家で開催されるFree Style Night★
KEIZOmachine!が大ネタ〜最新Trap,Glitch Hop,Reggae,民族音楽までなんでも現場で切り刻み、新たなビートをPUSH。IZPONが生のパーカッションでさらにGROOVE UP♪
今年はそのビートの上に鎮座DOPENESS、RITTO、安定のFunky歌姫CHAN-MIKAがフリースタイル♪
当日はオープンマイクの時間もあります♪ ご自慢のフリースタイルをビートにのっけちゃって下さい♪ 夏の海を横目に抜けた気分でのマイクの奪い合いになります♪
「夏っぽいことなんかした」のクリア、音楽的好奇心満たしたい&プラスαを一気にいけるお得なイベント(^o^)/
OASIS : 11:00 〜 22:00
LIVE TIME : 16:00 〜 20:30
LIVE FEE : ¥ Donation (投げ銭)

  

8月
4
HOME GROWN NIGHT feat.PAPA B
8月 4 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[HOME GROWN & PAPA B]

PAPA B(vo.)

TANCO(B.)

YUKKY(dr.)

i-WATCH(G.)

MAMA-R(Key)

SEIJIman (Bongos)

 

8月
5
BANDERAS
8月 5 @ 3:00 PM – 8:30 PM

[BANDERAS]

piano  小関一馬

vocal – 萩谷嘉秋

choras,percussion – Yasuji

choras,percussion – Tinnen(ex.EKD.ex未来世紀メキシコ)

bass – 藪本裕人(Mongoroid Union)

conga – 伊達弦(ex.Orquesta De La Luz)

bongo – Izpon(ex.KINGDOM AFROCKS,ex.AOA,鎮座Dopeness & Doping Band)

timbales – 小川岳史(ex.JEMSTONE

trombone – 中山まさゆき

trumpet – 四方田テムジン直人(Mountain Mocha Kilimanjaro)

 

ファンク、R&B、レゲエ、キューバン、サルサ、アフロビートなど様々な音楽の現場で独自のスタイルを持ち活躍するメンバーが呼応するかのようにサルサの名のもとに集まった。

いったい彼らはサルサという音楽に何を求め何を発露させようとしているのか…汗とロマン、笑いと涙とを胸にバンデラスが行く。

2014年11月 数人のメンバーでスタジオでのセッションを始める。

2015年8月 ライブ活動を開始。

2016年5月 1st 7inchシングル、”Tema de Banderas/ Banderas Mambo”をリリースし、南米のサルサ情報サイトへの掲載や、アメリカの音楽配信サイト、バンドキャンプのウィークリーにもピックアップされる。

このリリースを皮切りに大阪、愛知、三重、秋田など各地のイベントへ出演し、初ライブから約1年となる同年夏にはフジロックフェスティバルクリスタルパレステントへ出演。

年末にはサルサバンドの殿堂ともいえる原宿クロコダイルのカウントダウンイベントにも出演する。

2017年6月 2ndシングル “Turn your lights down low / ¡ AY JOE !”を発売。

日本最大規模のワールドミュージックフェスティバル、スキヤキミーツザワールドへの出演やリリースツアーを成功させる。

2018年3月、1stシングルがスイスのレーベルMatasuna Recordsよりリリースされ、Juno Recordsのインターナショナル・チャートで1位を獲得するなど、海外での注目度も上昇中。

サルサシーンからクラブ・バンドシーンまでジャンルにとらわれず様々な現場へ様々なアーティスト達と共演しサルサ・ラテンミュージックの新たな道を邁進している。

https://www.salsadebanderas.com

 

[DJ’s  CHAMP crew]

YOSUKE TOMINAGA

OIBON

大塚広子

四丁目

HICKEY

中島雅人

 

  

8月
6
Reggae & Philippines Vibes
8月 6 @ 5:30 PM – 8:30 PM

PAPA U-Gee -Vo.Guitar

RED- I (from Philippines)-DJ

RAS TARO(from Philippines)- Vo

Kads MIIDA – Live  Painting

SEIMA – Guitar、cho

Sleepy Kenta -Per、cho

中司 和芳 -Wood Bass

 

8月
8
ペタシグループ Arab Percussion Night
8月 8 @ 6:30 PM – 9:00 PM

平井ペタシ陽一 率いる『ペタシグループ』

Music

平井ペタシ陽一(per)

濱元智行(per)

本田一暁(per)

Performance

おこたんぺ(コンタクトジャグラー)

Sakura,Iley,Momo(Dance)

and more

アラブのリズムと踊り、パフォーマンスで織り成す子供も大人も楽しめる夢のような一夜。

8月
9
Saigenji trio
8月 9 @ 6:30 PM – 8:30 PM

Saigenji trio

 Saigenji(Vo,gt,etc)

 南條レオ(per)

 スミレディ(key)

 

[saigenji]

1975年広島生まれ。沖縄~香港~東京育ち。 9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。後に大学生の時にギターに持ち替える。

南米の民族音楽フォルクロ-レやブラジル音楽を中心にsoulやjazzなどありとあらゆる音楽を飲み込み、肉体的に吐き出すギタリスト&ボイスパフォーマー、インプロヴァイザ-、シンガーソングライタ-。

ギターと声だけで繰り広げられる圧倒的なエネルギ-に満ち溢れたパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感は観た者全てを虜にする。ライフワークである独自の観点から生み出されるシンガーソングライティングも多方面で高い評価を受けている。

これまでにsaigenji名義でベスト盤、ライブ盤を含む10枚のアルバムを発表。目下の最新作はブラジルリオデジャネイロで単身現地の最先端ミュージシャンと作りあげた名盤「Acalanto」の発売10周年記念リマスター版。

またMISIA、MONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅、BIRD、LOSALIOS等の他アーティストへの楽曲提供、ゲストボーカル、ギタリストとして参加。

また多数のテレビCM、アニメ、映画のサントラなどでも楽曲提供やゲストボーカルとして参加。現在ではパナソニックエイジフリーのCMでその声とギターを聞くことができる。

パリ、ソウル、シンガポール、バンコクなど海外公演も多数。フジロックなど国内主要ロックフェスの常連でもある。

 

web http://saigenji.com

Facebook http://www.facebook.com/Saigenji.guitar

 

8月
10
KEISON 葉山海賊祀り
8月 10 @ 6:30 PM – 8:30 PM

ケイソンと佐藤克彦

8月
11
SANDII ”HULA DUB” with DENNIS BOVELL  打ち上げスペシャルライブ
8月 11 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[SANDII & DENNIS BOVELL]

Sandii  (Vo)

Dennis Bovell  (Bass)

NODATIN  (Guitar)

PJ  (Drums)

土生”TICO”剛  (Steel Pan)

田村玄一  (Pedal Steel Guitar)

外池満広  (Keyboards)

西内徹  (Sax & Flute)

Yayo-E  (Chorus)

Laea Marilyn (Dancer)

 

HULA DUB特設HP : http://huladub.com/

Instagram : https://www.instagram.com/huladub/

youtube : https://www.youtube.com/watch?v=OFSoxYXsZMA

8月
12
BAOBAB CARNAVAL on the BEACH
8月 12 @ 5:00 PM – 9:00 PM

LIVE

民謡クルセイダーズ

NAOITO.A

STARS ON PAN

DJ

RONALD SELECTORS

ピーチ岩崎

ドンタコス子

YOSUKE BAOBAB

and more

8月
13
森戸の浜の盆踊り大会
8月 13 @ 6:00 PM – 9:00 PM

平成30年 森戸の浜の盆踊り大会。

もちろん今年も開催!!

8月
14
GREEN MASSIVE/Exotico de lago/Rino Latina II
8月 14 @ 5:00 PM – 7:00 PM

8月14日は葉山OASIS スペシャルなライブ予定デス~!!

RINOラップソングに カラムシソングに エキゾチックシーンからギター長久保寛之の極上インストウルメンタル。

是非とも大集合でよろしくおねがいします!

 

GREEN MASSIVE/Exotico de lago

  (key)小西英理(copa salvo/Green Massive/exotico de lago)

(B.)青柳Mah(Green Massive)

(dr.)柿沼KAKKY(犬式/Green Massive)

(per.Mc)KARAMUSHI(green massive)

(G.)長久保寛之(Exotico de lago)

Guest 

(Rap)RINO LATINAII(Lamp Eye)

8月
15
Speak No Evil Island Jazz on the Beach
8月 15 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[Speak No Evil]

Akira Tatsumi (a.sax)

Motoharu Fukada (t.sax & s.sax)

Tanco (b)

Shin-ichiro Akihiro (g)

Tetsuya Hataya (pf)

Yukky (ds)

Naoyuki Uchida (dub mix)

8月
16
Accovio
8月 16 @ 6:00 PM – 8:30 PM

ヴァイオリンのRenを中心にCinematic&World musicをベースとしたオリジナル楽曲を聴かせる音楽プロジェクト『Accovio』

今回はSpecial Guestに

各方面で活躍するダンサー

Saro, Siva, momo

を迎えてより力強く、時に繊細にOASISを彩ります。

Accovio

http://accovio.com/

Ren  (Vn)

Setsuko(Acc)

Roku caciocavallo (Gt)

Junpei shiohara (Per)

Nagata Norimasa (WB)

Performar:

Saro (tap) http://saro.jp/index.html

Siva,momo (dance)

オオシロムネユミ (OHP)

https://www.instagram.com/muneyumi_oshiro/

Dj: Tommy Returntables (Sankofa)

http://tommyrts.blogspot.com/?m=1

★森戸海岸では、8月16日18時頃から、灯籠流しです。(17:00 受付開始)双方、楽しみたい方々のために、灯籠流しのタイムテーブルに沿ったAccovioライブとなります。

8月
17
ANSA
8月 17 @ 6:00 PM – 8:30 PM
ANSA
ANSA(vo)
足立パニック壮一郎(Gt)
吉川英二(Per)
高野竜功(Ba)
SEI(Key)
[ANSA]
CLUB、LIVE HOUSE、BAR、などで夜な夜なライブパフォーマンスを行い、それを生き甲斐とする横浜出身の歌うたい。土臭く時に反逆的なリリックをReggaeのビートに乗せて陽気に歌うそのスタイルは幅広く支持され、2013年には念願の横浜開港祭のステージに立つ。
2017年、待望の1stフルアルバムPARTY IS NOT OVERをリリースし、レゲエのみならず各シーンに衝撃を与える。満を持して2017年の横浜レゲエ祭出演を果たす。自身のバンド、MONSTA BANDのVOCALとしても活動中。地元鶴見で仲間と共にLIONHOUSE STUDIOと言う名のレコーディングスタジオを所有し、音楽漬けの毎日を送っている。今後このスタジオからリリースされるであろう未発表の曲たちには超期待大である!!
8月
18
モミーFUNK! Oasi Special Live feat. Tanco(frm Home Grown)
8月 18 @ 5:00 PM – 7:00 PM

出演者

モミー/Vo

鈴木井咲/Gt

数井塁/Ds

Feat. Guest

Tanco(frm Home Grown)/Bs

Mama-R(frm Home Grown)/Key

朝岡周/Sax

8月
19
Sea Breeze Session in OASIS ! 〜 MEATERS & MAGNUM RECORDS 〜
8月 19 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[MAGNUM RECORDS]

RUDEBWOY FACE(DEEJAY)

RUEED(DEEJAY)

AKANE(SINGER)

KILLA NAMI(MACHINE)

 

[MEATERS]

冬人ストラット

U★SEI

CUT LEMONN

句潤(MC)

KILLA NAMI(TALK BOX)

DIG-IT(DJ)

 

[ライブペイント]

JUNK-R

 

8月
20
OKI & HAKASE-SUN
8月 20 @ 6:30 PM – 8:30 PM

OKI(Tonkori,Vo)

HAKASE-SUN(Key,MPC)

[OKI]

旭川アイヌの血を引く、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者。1993年より樺太アイヌの弦楽器トンコリの再生に取り組み、トンコリの演奏と楽器製作を始めた。アイヌの伝統を軸足に斬新なサウンド作りで独自の音楽スタイルを切り拓き、知られざるアイヌ音楽の魅力を国内外に知らしめてきたミュージシャン/プロデューサー。

東京芸大工芸科鍛金卒業後、NYに渡り、映画やCMの映像プロダクションで美術制作アーティストとして活躍。のちに映画製作の美術監督として日本のプロダクションに招かれたのを機に帰国。 ところが映画プロジェクトの破綻とともに失業。暗澹たる気分で訪れた北海道で、親戚から偶然譲り受けたトンコリに次第に魅了されていき、以後、拠点を北海道に移してトンコリの製作法と演奏法を独学で習得。アルバム制作とライヴ活動をスタートさせた。

同時に新しいアイヌ音楽を創造し世に送り出すレーベル CHIKAR STUDIOを運営。これまでに1996年に発表した1stアルバム「カムイ コル ヌプルペ」を始め、ソロ名義で7枚りリース(ベストアルバムを含む)。アイヌの天才歌手・安東ウメ子、アイヌの女性コーラスグループ・Marewrew、彼がリーダーを務めるOKI DUB AINU BANDなど20タイトルの作品をプロデュース。現在進行形のアイヌ音楽を世に送り出し、沖縄民謡のレジェンド・大城美佐子をはじめ多方面のアーティストとコラボレーションも積極的に行う。日本での活動のほかWOMADなど海外の音楽フェスにも多数出演している。また、現在、大阪の国立民族学博物館のアイヌのコーナーには、OKIが寄贈した愛用のトンコリが常設されている。

HP : http://www.tonkori.com

FB:https://www.facebook.com/okidubainu/

TW:@chikarstudio

INSTA:https://www.instagram.com/okidubainuband/

 

[HAKASE-SUN]

1967年、大阪生まれ。1990年にミュージシャンとしてキャリアをスタート、以後レゲエ・スカ・ダブなどジャマイカ音楽関連を中心に活動するキーボーディスト。

FISHMANS, Little Tempo, KODAMA & The Dub Station Band に参加。また、ソロ・アーティスト “ HAKASE-SUN “として10枚のインストゥル・メンタルアルバムと1枚のベスト・アルバム、また映画のサウンドトラックアルバムを1枚発表した。

2013年にOKIと出会い、数回の海外公演と国内ツアーで親交を深めたのち、2015年にOKI DUB AINU BANDに正式に加入した。

8月
21
SHAMANZ
8月 21 @ 6:30 PM – 8:30 PM

[SHAMANZ]

Tama(vo.)

Kai(B.)

Mike(dr.)

Yasuo (sax.)

Winter(perc.)

Naoto (keys.)

https://www.facebook.com/shamanzsounds/

8月
24
ピーター・バラカン on the beach
8月 24 @ 6:00 PM – 8:30 PM

[ピーター・バラカン]

1951年ロンドン生まれ。

ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。

現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。

著書に『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。

ウェブサイトは http://peterbarakan.net

 

8月
26
BOB MARLEY SONGS DAY
8月 26 @ 12:00 PM – 8:30 PM
BOB MARLEY SONGS DAY

生演奏でボブマーレーを歌うコンテスト。

優勝者には、ジャマイカ往復チケットをプレゼントします。

出場希望される方は、CONTACTから下記の項目を記入して申し込んで下さい。

戴いたメールアドレス宛に、受付の確認、当日の詳細などを返信します。ですから、いつも確認するアドレスで申し込んで下さい。こちらからの返信を以てエントリーとさせていただきます。

担当:高野 竜功 080 6508 8724

1)氏名

2)ボブの曲名

*アレンジなど特殊な場合は、どのアルバムの曲かをお知らせ下さい。

*歌うキィを変えたい方は、お知らせください。

3)スタイル

*一人でバンドをバックに歌うが基本スタイルですが、複数で歌いたい。

自分たちのバンドで演奏したい。アコースティックギターで弾き語りがしたい。

など、独自のスタイルがある場合は、その内容をお書き下さい。

4)連絡電話番号

*イベント前に、連絡を取る場合があります。

 

8月
27
bird
8月 27 @ 6:30 PM – 8:30 PM

bird(Vo)

樋口直彦(Gt)

江川ゲンタ(Per)

渡辺貴浩(Key)

Special Guest  TANCOfromHOME GROWN(Bs)

 

[bird]

http://www.bird-watch.net

8月
28
CHOZEN LEE and The Bang Attack acoustic set
8月 28 @ 6:30 PM – 8:30 PM
CHOZEN LEE and The Bang Attack acoustic set

[CHOZEN LEE and The Bang Attack]

 

Vocal/雑用:CHOZEN LEE

 FIRE BALL のメンバー。

 

Guitar/コーラス/雑用:YOTA KOBAYASHI (ふうらい坊)

 幼少期よりレゲエドラマーの父の影響で多ジャンルの音楽に囲まれ育った天才ギタリスト。Dubbing Stoned, Stoned Rockers, Reggae Disco Rockers, leccaのツアーメンバー, etc. プロデューサー、アレンジャーとしても活躍中。

 

Bass/コーラス/雑用:SHINJU KOBAYASHI (長男)

17 歳の時に NY へ渡り、Tony Stevenson に師事し修行を積み、2005 年に帰国。(仮)ALBATRUS, Spinna B-ILL, JUJU, Twigy, 後藤真希, レゲエ、ソウル、ファンク、ジャズ、ラテンからポップスまで、幅広い表現力を持つ。Guitar:YOTA の実兄。

 

Keyboard/コーラス/キング:Mi3 (宇宙人)

日本のJackie Mittooと言わしめたほどの表現力は必見必聴。2012年には、初のインストゥルメンタルアルバム”Deadly Fingers”がある。現在、”ピアニカの魔術師””として、停滞していたピアニカ業界に突風のような新風を吹き込んでいて、全国各地で講演、自らフェスを開催するなど多忙を極めている。メンバー1 忙しい。

 

Drum/コーラス/雑用:SEAI (マスコット人形)

父は NODATIN という超絶ギタリスト。母はヤヨブーという LEE が若い頃に衝撃を受けたボーカリスト。その間に生まれた、馬でいうと最強の DNA を受け継いだサラブレット。馬ではない。DNAを凌駕するセンスを持っている。手数の多さではパッキャオをも上回る。メンバー最年少、平均年齢をグッと下げている。

 

と、メンバーそれぞれもかなりのキャリアを持つスペシャルな個性派揃い!

全員が多忙であるため、小編成のアコースティックライブなど、できる時にできることをやる!LIVE活動を展開中

 

8月
30
Spinna B-ILL & HOME GROWN
8月 30 @ 5:30 PM – 8:30 PM

Mebmer

Spinna B-ILL(Vo)

Tanco(Ba)

Yukky(Dr)

i-Watch(Gt)

Mama-R(Key)

SEIJIman(Per)

DJs

BLAXX a.k.a. EAST BLAZE

SHIO(UNSTOPPABLE)

 

HOME GROWN PROFILE

ジャパニーズ・レゲエ・シーンの黎明期より、その屋台骨としてDJ、シンガー達を支えてきた名実共にジャパニーズNO.1と評価されているレゲエ・バンド。

2002年にポニーキャニオンからメジャー・デビュー。

毎年各地で行われる、横浜レゲエ祭、大阪ハイエストマウンテンなどのビッグ・フェスに加え、2003年にはジャマイカ最大のレゲエ・フェス「Reggae Sumfest」へ正式に招聘される。またジャマイカからのアーティスト来日時には必ずといってよいほどバックを務め、現在までにT.O.K. / Beenie Man / Spragga Benz / Assassin / Mr.Vegas / Wayne Wonder、近年ではShabba Ranks / Cocoa Tea / Romain Virgo / Bitty Mcleanなどと共演を果たし、各アーティストらからそのパフォーマンスを絶賛されるなど、現場で磨き上げられたパフォーマンスはまさにワールド・スタンダード!

ライヴはもちろんRemix・プロデュース等の依頼が絶えないなど、現場・関係者らの信頼も厚く、Home Grownは2018年もLIVE&制作に活躍中。今後も彼らの動向がジャパニーズ・レゲエ・シーンを左右する、といっても過言ではない。

 

Spinna B-ILL PROFILE

シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始するも、2005年に惜しまれつつ解散。その後、Simply Redのギタリスト Kenji Jammer との活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL” として3枚のアルバムをリリース。

フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。

大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を得ている。

レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと最早ジャンルの壁はない。

ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している理由だろう。まさにOne&Onlyなシンガーである。

8月
31
FINAL
8月 31 @ 11:00 AM – 10:00 PM
7月
5
海開き
7月 5 全日
7月
6
CORONA PAY WITH PLASTIC
7月 6 全日

Time 12:00~14:00

「CORONA PAY WITH PLASTIC」の初回は海開きに伴って、7月6日(土)に開催。6日(土)にはオープニングイベントとして 、海の家「OASIS」にてスペシャルイベントを行います。プロサーファーの和光大さんをお招きし、世界の海を回る彼の、環 境やビーチに対する想いを語って頂くほか、スペシャルゲストとしてSurf Beat Musicを掲げる新世代ハイブリッドバンド「 SPiCYSOL」を迎え限定ライブを実施。また第二回目は、森戸海岸で花火大会が実施される7月25日(木)に多くの人が集まるため、24日(水)・25日(木)・26日(金)の3 日間に渡って開催。集めていただいたゴミは回収ステーションにてご自身で分別まで徹底いただく体験をしてもらうことで、 参加者の皆さんに海を守る活動への理解を深めていただきたいと考えています。

 

CORONA PAY WITH PLASTIC

期間限定で実施する「CORONA PAY WITH PLASTIC」。葉山・森戸海岸沿いに、ゴミ回収カウンターを設置。カウンターで配布する専用バッグを、ビーチ周辺で拾ったゴミでいっぱいにしてお戻しいただくと、ドリンクチケットをお渡しします。森戸海岸の海の家にて、キンキンに冷えたコロナ、またはソフトドリンクと交換いたします。 ※コロナのお渡しには年齢確認が必要です。身分証明証をお持ちください。

開催概要

日程:第1回 2019年7月6日(土) / 第2回 7月24日(水)~26日(金)

時間:10:00~SUNSET TIMEまで 場所:葉山 森戸海岸

 

フリープラスチックビーチ オープニングイベント

オープニングイベントへの入場は、「CORONA PAY WITH PLASTIC」に参加いただく事が条件となります。「CORONA PAY WITH PLASTIC」がスタートする10時にイベントへのエントランスチケットとなるリストバンドをお渡しいたしますので、森戸海岸入り口特設カウンターまでお集まりください。

開催概要

ライブ時間:2019年7月6日(土) 12:00~14:00

場所:葉山 森戸海岸・海の家「OASIS」内

参加方法:CORONA PAY WITH PLASTICへの参加順

モリエリチン
7月 6 全日

Time 17:30~19:30

Live  森俊也 ds / 小西英理 pf / ノダチン gt / 西内徹 sax

小西英理のアッパーかつ官能的なピアノと異国情緒漂うアコーディオンプレイ、森俊也のドラムとベースを一人で担うマルチプレイ、NODATINがセクシーに熱く彩りと凄みを放つギタープレイ。メンバーの技量の高さと唯一無二の極上トリオ”モリエリチン”がSAXの西内徹をゲストに迎え、2019年OASISのオープニングLIVEに登場!
7月
7
渋さ知らズ
7月 7 全日
渋さ知らズ

Time  17:30~19:30

LIve  不破大輔 vo.g.   登敬三 ts   北陽一郎 tp   小林真理子 b   山本直樹 ds   ファンテイル g   柴崎仁志 per  さやか すがこ 東洋 etc..

国内外の大小さまざまな音楽フェスティバルをはじめ、年間数多くのライブをこなす大所帯バンド、今年結成30周年を迎える渋さ知らズ。そして、リーダーの不破大輔はOASISのマーボーの古くからの友人であることから、今回Tribute to MABO1st early summer weekend~で、OASISに初登場!

 1989年、バンド・マスターの不破大輔を中心に結成。ジャズやロック、ラテン、ポップス、フォーク、演歌などさまざまなルーツが混在する、日本が世界に誇るジャズ・バンド。それに加え、舞踊や美術、映像、照明、音響など表現手段が渾然一体となった同時多発的な「イベント」ステージ上が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドとも評される。これまでに、アルバム15枚、シングル2枚、7枚のライブ映像作品をリリース。1998年からはグラストンベリー()、メールス()、ロッチェッラ()、ナント()、ケベック()をはじめ海外のステージにも立つ機会が多く、現地では高評価を獲得。フジロックへの出演も決まっている注目のバンド。さて、OASISには何人のメンバーが登場してくれるのでしょうか?!

8月
1
Karatch in the evening Karatchアルバムリリース記念神奈川ライブサーキット! 葉山オアシススペシャル
8月 1 @ 5:00 PM – 8:30 PM

カラムシ(vo)

岩ッチ(Gt)

タカヒロ(Key)

ユキオ (Per)

リュウコウ (Bs)

コブラ斎藤 (Sax)

8月
2
Aloha! Jammin’Kids2018 夏休みの平日開催!!!
8月 2 @ 2:00 PM – 6:00 PM

Jammin’Kids 2018は、8月2日の夏休みの平日開催!!!

Go out with kids for rhythm!こどもを連れて遊びに来れる、

こどももおとなも楽しい音楽イベント!葉山の海の家「Oasis」にて開催!

ハワイからのウクレレシンガーユニット「Teagan&Kaylen」 , BE THE VOICE , 小川コータ&とまそんが出演!こどもが楽しめる曲満載!!

https://jamminkids.jp/

 

[Teagan&Kaylen from Hawaii]

https://www.instagram.com/tegankaylen/

 

[BE THE VOICE]

http://www.bethevoice.com

 

[小川コータ&とまそん]

http://www.kotatoma.net

8月
3
“goody goody × PUSH RAP SING” in 海の家OASIS Suported by Lafayette fujisawa
8月 3 @ 4:00 PM – 8:30 PM
◆Live◆
鎮座DOPENESS
RITTO
CHAN-MIKA
KEIZOmachine! from HIFANA
IZPON
◆DJ◆
SEX山口
LEGENDオブ伝説 a.k.a.サイプレス上野
ABESTREEM
RUSTY JUKE
JP(from OASIS)
◆DANCER◆
TAKESABURO
KoRo
PUSH! RAP! SING! vol.5 2018
★夏の海の家で開催されるFree Style Night★
KEIZOmachine!が大ネタ〜最新Trap,Glitch Hop,Reggae,民族音楽までなんでも現場で切り刻み、新たなビートをPUSH。IZPONが生のパーカッションでさらにGROOVE UP♪
今年はそのビートの上に鎮座DOPENESS、RITTO、安定のFunky歌姫CHAN-MIKAがフリースタイル♪
当日はオープンマイクの時間もあります♪ ご自慢のフリースタイルをビートにのっけちゃって下さい♪ 夏の海を横目に抜けた気分でのマイクの奪い合いになります♪
「夏っぽいことなんかした」のクリア、音楽的好奇心満たしたい&プラスαを一気にいけるお得なイベント(^o^)/
OASIS : 11:00 〜 22:00
LIVE TIME : 16:00 〜 20:30
LIVE FEE : ¥ Donation (投げ銭)

  

8月
4
HOME GROWN NIGHT feat.PAPA B
8月 4 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[HOME GROWN & PAPA B]

PAPA B(vo.)

TANCO(B.)

YUKKY(dr.)

i-WATCH(G.)

MAMA-R(Key)

SEIJIman (Bongos)

 

8月
5
BANDERAS
8月 5 @ 3:00 PM – 8:30 PM

[BANDERAS]

piano  小関一馬

vocal – 萩谷嘉秋

choras,percussion – Yasuji

choras,percussion – Tinnen(ex.EKD.ex未来世紀メキシコ)

bass – 藪本裕人(Mongoroid Union)

conga – 伊達弦(ex.Orquesta De La Luz)

bongo – Izpon(ex.KINGDOM AFROCKS,ex.AOA,鎮座Dopeness & Doping Band)

timbales – 小川岳史(ex.JEMSTONE

trombone – 中山まさゆき

trumpet – 四方田テムジン直人(Mountain Mocha Kilimanjaro)

 

ファンク、R&B、レゲエ、キューバン、サルサ、アフロビートなど様々な音楽の現場で独自のスタイルを持ち活躍するメンバーが呼応するかのようにサルサの名のもとに集まった。

いったい彼らはサルサという音楽に何を求め何を発露させようとしているのか…汗とロマン、笑いと涙とを胸にバンデラスが行く。

2014年11月 数人のメンバーでスタジオでのセッションを始める。

2015年8月 ライブ活動を開始。

2016年5月 1st 7inchシングル、”Tema de Banderas/ Banderas Mambo”をリリースし、南米のサルサ情報サイトへの掲載や、アメリカの音楽配信サイト、バンドキャンプのウィークリーにもピックアップされる。

このリリースを皮切りに大阪、愛知、三重、秋田など各地のイベントへ出演し、初ライブから約1年となる同年夏にはフジロックフェスティバルクリスタルパレステントへ出演。

年末にはサルサバンドの殿堂ともいえる原宿クロコダイルのカウントダウンイベントにも出演する。

2017年6月 2ndシングル “Turn your lights down low / ¡ AY JOE !”を発売。

日本最大規模のワールドミュージックフェスティバル、スキヤキミーツザワールドへの出演やリリースツアーを成功させる。

2018年3月、1stシングルがスイスのレーベルMatasuna Recordsよりリリースされ、Juno Recordsのインターナショナル・チャートで1位を獲得するなど、海外での注目度も上昇中。

サルサシーンからクラブ・バンドシーンまでジャンルにとらわれず様々な現場へ様々なアーティスト達と共演しサルサ・ラテンミュージックの新たな道を邁進している。

https://www.salsadebanderas.com

 

[DJ’s  CHAMP crew]

YOSUKE TOMINAGA

OIBON

大塚広子

四丁目

HICKEY

中島雅人

 

  

8月
6
Reggae & Philippines Vibes
8月 6 @ 5:30 PM – 8:30 PM

PAPA U-Gee -Vo.Guitar

RED- I (from Philippines)-DJ

RAS TARO(from Philippines)- Vo

Kads MIIDA – Live  Painting

SEIMA – Guitar、cho

Sleepy Kenta -Per、cho

中司 和芳 -Wood Bass

 

8月
8
ペタシグループ Arab Percussion Night
8月 8 @ 6:30 PM – 9:00 PM

平井ペタシ陽一 率いる『ペタシグループ』

Music

平井ペタシ陽一(per)

濱元智行(per)

本田一暁(per)

Performance

おこたんぺ(コンタクトジャグラー)

Sakura,Iley,Momo(Dance)

and more

アラブのリズムと踊り、パフォーマンスで織り成す子供も大人も楽しめる夢のような一夜。

8月
9
Saigenji trio
8月 9 @ 6:30 PM – 8:30 PM

Saigenji trio

 Saigenji(Vo,gt,etc)

 南條レオ(per)

 スミレディ(key)

 

[saigenji]

1975年広島生まれ。沖縄~香港~東京育ち。 9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。後に大学生の時にギターに持ち替える。

南米の民族音楽フォルクロ-レやブラジル音楽を中心にsoulやjazzなどありとあらゆる音楽を飲み込み、肉体的に吐き出すギタリスト&ボイスパフォーマー、インプロヴァイザ-、シンガーソングライタ-。

ギターと声だけで繰り広げられる圧倒的なエネルギ-に満ち溢れたパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感は観た者全てを虜にする。ライフワークである独自の観点から生み出されるシンガーソングライティングも多方面で高い評価を受けている。

これまでにsaigenji名義でベスト盤、ライブ盤を含む10枚のアルバムを発表。目下の最新作はブラジルリオデジャネイロで単身現地の最先端ミュージシャンと作りあげた名盤「Acalanto」の発売10周年記念リマスター版。

またMISIA、MONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅、BIRD、LOSALIOS等の他アーティストへの楽曲提供、ゲストボーカル、ギタリストとして参加。

また多数のテレビCM、アニメ、映画のサントラなどでも楽曲提供やゲストボーカルとして参加。現在ではパナソニックエイジフリーのCMでその声とギターを聞くことができる。

パリ、ソウル、シンガポール、バンコクなど海外公演も多数。フジロックなど国内主要ロックフェスの常連でもある。

 

web http://saigenji.com

Facebook http://www.facebook.com/Saigenji.guitar

 

8月
10
KEISON 葉山海賊祀り
8月 10 @ 6:30 PM – 8:30 PM

ケイソンと佐藤克彦

8月
11
SANDII ”HULA DUB” with DENNIS BOVELL  打ち上げスペシャルライブ
8月 11 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[SANDII & DENNIS BOVELL]

Sandii  (Vo)

Dennis Bovell  (Bass)

NODATIN  (Guitar)

PJ  (Drums)

土生”TICO”剛  (Steel Pan)

田村玄一  (Pedal Steel Guitar)

外池満広  (Keyboards)

西内徹  (Sax & Flute)

Yayo-E  (Chorus)

Laea Marilyn (Dancer)

 

HULA DUB特設HP : http://huladub.com/

Instagram : https://www.instagram.com/huladub/

youtube : https://www.youtube.com/watch?v=OFSoxYXsZMA

8月
12
BAOBAB CARNAVAL on the BEACH
8月 12 @ 5:00 PM – 9:00 PM

LIVE

民謡クルセイダーズ

NAOITO.A

STARS ON PAN

DJ

RONALD SELECTORS

ピーチ岩崎

ドンタコス子

YOSUKE BAOBAB

and more

8月
13
森戸の浜の盆踊り大会
8月 13 @ 6:00 PM – 9:00 PM

平成30年 森戸の浜の盆踊り大会。

もちろん今年も開催!!

8月
14
GREEN MASSIVE/Exotico de lago/Rino Latina II
8月 14 @ 5:00 PM – 7:00 PM

8月14日は葉山OASIS スペシャルなライブ予定デス~!!

RINOラップソングに カラムシソングに エキゾチックシーンからギター長久保寛之の極上インストウルメンタル。

是非とも大集合でよろしくおねがいします!

 

GREEN MASSIVE/Exotico de lago

  (key)小西英理(copa salvo/Green Massive/exotico de lago)

(B.)青柳Mah(Green Massive)

(dr.)柿沼KAKKY(犬式/Green Massive)

(per.Mc)KARAMUSHI(green massive)

(G.)長久保寛之(Exotico de lago)

Guest 

(Rap)RINO LATINAII(Lamp Eye)

8月
15
Speak No Evil Island Jazz on the Beach
8月 15 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[Speak No Evil]

Akira Tatsumi (a.sax)

Motoharu Fukada (t.sax & s.sax)

Tanco (b)

Shin-ichiro Akihiro (g)

Tetsuya Hataya (pf)

Yukky (ds)

Naoyuki Uchida (dub mix)

8月
16
Accovio
8月 16 @ 6:00 PM – 8:30 PM

ヴァイオリンのRenを中心にCinematic&World musicをベースとしたオリジナル楽曲を聴かせる音楽プロジェクト『Accovio』

今回はSpecial Guestに

各方面で活躍するダンサー

Saro, Siva, momo

を迎えてより力強く、時に繊細にOASISを彩ります。

Accovio

http://accovio.com/

Ren  (Vn)

Setsuko(Acc)

Roku caciocavallo (Gt)

Junpei shiohara (Per)

Nagata Norimasa (WB)

Performar:

Saro (tap) http://saro.jp/index.html

Siva,momo (dance)

オオシロムネユミ (OHP)

https://www.instagram.com/muneyumi_oshiro/

Dj: Tommy Returntables (Sankofa)

http://tommyrts.blogspot.com/?m=1

★森戸海岸では、8月16日18時頃から、灯籠流しです。(17:00 受付開始)双方、楽しみたい方々のために、灯籠流しのタイムテーブルに沿ったAccovioライブとなります。

8月
17
ANSA
8月 17 @ 6:00 PM – 8:30 PM
ANSA
ANSA(vo)
足立パニック壮一郎(Gt)
吉川英二(Per)
高野竜功(Ba)
SEI(Key)
[ANSA]
CLUB、LIVE HOUSE、BAR、などで夜な夜なライブパフォーマンスを行い、それを生き甲斐とする横浜出身の歌うたい。土臭く時に反逆的なリリックをReggaeのビートに乗せて陽気に歌うそのスタイルは幅広く支持され、2013年には念願の横浜開港祭のステージに立つ。
2017年、待望の1stフルアルバムPARTY IS NOT OVERをリリースし、レゲエのみならず各シーンに衝撃を与える。満を持して2017年の横浜レゲエ祭出演を果たす。自身のバンド、MONSTA BANDのVOCALとしても活動中。地元鶴見で仲間と共にLIONHOUSE STUDIOと言う名のレコーディングスタジオを所有し、音楽漬けの毎日を送っている。今後このスタジオからリリースされるであろう未発表の曲たちには超期待大である!!
8月
18
モミーFUNK! Oasi Special Live feat. Tanco(frm Home Grown)
8月 18 @ 5:00 PM – 7:00 PM

出演者

モミー/Vo

鈴木井咲/Gt

数井塁/Ds

Feat. Guest

Tanco(frm Home Grown)/Bs

Mama-R(frm Home Grown)/Key

朝岡周/Sax

8月
19
Sea Breeze Session in OASIS ! 〜 MEATERS & MAGNUM RECORDS 〜
8月 19 @ 5:00 PM – 7:00 PM

[MAGNUM RECORDS]

RUDEBWOY FACE(DEEJAY)

RUEED(DEEJAY)

AKANE(SINGER)

KILLA NAMI(MACHINE)

 

[MEATERS]

冬人ストラット

U★SEI

CUT LEMONN

句潤(MC)

KILLA NAMI(TALK BOX)

DIG-IT(DJ)

 

[ライブペイント]

JUNK-R

 

8月
20
OKI & HAKASE-SUN
8月 20 @ 6:30 PM – 8:30 PM

OKI(Tonkori,Vo)

HAKASE-SUN(Key,MPC)

[OKI]

旭川アイヌの血を引く、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」の奏者。1993年より樺太アイヌの弦楽器トンコリの再生に取り組み、トンコリの演奏と楽器製作を始めた。アイヌの伝統を軸足に斬新なサウンド作りで独自の音楽スタイルを切り拓き、知られざるアイヌ音楽の魅力を国内外に知らしめてきたミュージシャン/プロデューサー。

東京芸大工芸科鍛金卒業後、NYに渡り、映画やCMの映像プロダクションで美術制作アーティストとして活躍。のちに映画製作の美術監督として日本のプロダクションに招かれたのを機に帰国。 ところが映画プロジェクトの破綻とともに失業。暗澹たる気分で訪れた北海道で、親戚から偶然譲り受けたトンコリに次第に魅了されていき、以後、拠点を北海道に移してトンコリの製作法と演奏法を独学で習得。アルバム制作とライヴ活動をスタートさせた。

同時に新しいアイヌ音楽を創造し世に送り出すレーベル CHIKAR STUDIOを運営。これまでに1996年に発表した1stアルバム「カムイ コル ヌプルペ」を始め、ソロ名義で7枚りリース(ベストアルバムを含む)。アイヌの天才歌手・安東ウメ子、アイヌの女性コーラスグループ・Marewrew、彼がリーダーを務めるOKI DUB AINU BANDなど20タイトルの作品をプロデュース。現在進行形のアイヌ音楽を世に送り出し、沖縄民謡のレジェンド・大城美佐子をはじめ多方面のアーティストとコラボレーションも積極的に行う。日本での活動のほかWOMADなど海外の音楽フェスにも多数出演している。また、現在、大阪の国立民族学博物館のアイヌのコーナーには、OKIが寄贈した愛用のトンコリが常設されている。

HP : http://www.tonkori.com

FB:https://www.facebook.com/okidubainu/

TW:@chikarstudio

INSTA:https://www.instagram.com/okidubainuband/

 

[HAKASE-SUN]

1967年、大阪生まれ。1990年にミュージシャンとしてキャリアをスタート、以後レゲエ・スカ・ダブなどジャマイカ音楽関連を中心に活動するキーボーディスト。

FISHMANS, Little Tempo, KODAMA & The Dub Station Band に参加。また、ソロ・アーティスト “ HAKASE-SUN “として10枚のインストゥル・メンタルアルバムと1枚のベスト・アルバム、また映画のサウンドトラックアルバムを1枚発表した。

2013年にOKIと出会い、数回の海外公演と国内ツアーで親交を深めたのち、2015年にOKI DUB AINU BANDに正式に加入した。

8月
21
SHAMANZ
8月 21 @ 6:30 PM – 8:30 PM

[SHAMANZ]

Tama(vo.)

Kai(B.)

Mike(dr.)

Yasuo (sax.)

Winter(perc.)

Naoto (keys.)

https://www.facebook.com/shamanzsounds/

8月
24
ピーター・バラカン on the beach
8月 24 @ 6:00 PM – 8:30 PM

[ピーター・バラカン]

1951年ロンドン生まれ。

ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。

現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。

著書に『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。

ウェブサイトは http://peterbarakan.net

 

8月
26
BOB MARLEY SONGS DAY
8月 26 @ 12:00 PM – 8:30 PM
BOB MARLEY SONGS DAY

生演奏でボブマーレーを歌うコンテスト。

優勝者には、ジャマイカ往復チケットをプレゼントします。

出場希望される方は、CONTACTから下記の項目を記入して申し込んで下さい。

戴いたメールアドレス宛に、受付の確認、当日の詳細などを返信します。ですから、いつも確認するアドレスで申し込んで下さい。こちらからの返信を以てエントリーとさせていただきます。

担当:高野 竜功 080 6508 8724

1)氏名

2)ボブの曲名

*アレンジなど特殊な場合は、どのアルバムの曲かをお知らせ下さい。

*歌うキィを変えたい方は、お知らせください。

3)スタイル

*一人でバンドをバックに歌うが基本スタイルですが、複数で歌いたい。

自分たちのバンドで演奏したい。アコースティックギターで弾き語りがしたい。

など、独自のスタイルがある場合は、その内容をお書き下さい。

4)連絡電話番号

*イベント前に、連絡を取る場合があります。

 

8月
27
bird
8月 27 @ 6:30 PM – 8:30 PM

bird(Vo)

樋口直彦(Gt)

江川ゲンタ(Per)

渡辺貴浩(Key)

Special Guest  TANCOfromHOME GROWN(Bs)

 

[bird]

http://www.bird-watch.net

8月
28
CHOZEN LEE and The Bang Attack acoustic set
8月 28 @ 6:30 PM – 8:30 PM
CHOZEN LEE and The Bang Attack acoustic set

[CHOZEN LEE and The Bang Attack]

 

Vocal/雑用:CHOZEN LEE

 FIRE BALL のメンバー。

 

Guitar/コーラス/雑用:YOTA KOBAYASHI (ふうらい坊)

 幼少期よりレゲエドラマーの父の影響で多ジャンルの音楽に囲まれ育った天才ギタリスト。Dubbing Stoned, Stoned Rockers, Reggae Disco Rockers, leccaのツアーメンバー, etc. プロデューサー、アレンジャーとしても活躍中。

 

Bass/コーラス/雑用:SHINJU KOBAYASHI (長男)

17 歳の時に NY へ渡り、Tony Stevenson に師事し修行を積み、2005 年に帰国。(仮)ALBATRUS, Spinna B-ILL, JUJU, Twigy, 後藤真希, レゲエ、ソウル、ファンク、ジャズ、ラテンからポップスまで、幅広い表現力を持つ。Guitar:YOTA の実兄。

 

Keyboard/コーラス/キング:Mi3 (宇宙人)

日本のJackie Mittooと言わしめたほどの表現力は必見必聴。2012年には、初のインストゥルメンタルアルバム”Deadly Fingers”がある。現在、”ピアニカの魔術師””として、停滞していたピアニカ業界に突風のような新風を吹き込んでいて、全国各地で講演、自らフェスを開催するなど多忙を極めている。メンバー1 忙しい。

 

Drum/コーラス/雑用:SEAI (マスコット人形)

父は NODATIN という超絶ギタリスト。母はヤヨブーという LEE が若い頃に衝撃を受けたボーカリスト。その間に生まれた、馬でいうと最強の DNA を受け継いだサラブレット。馬ではない。DNAを凌駕するセンスを持っている。手数の多さではパッキャオをも上回る。メンバー最年少、平均年齢をグッと下げている。

 

と、メンバーそれぞれもかなりのキャリアを持つスペシャルな個性派揃い!

全員が多忙であるため、小編成のアコースティックライブなど、できる時にできることをやる!LIVE活動を展開中

 

8月
30
Spinna B-ILL & HOME GROWN
8月 30 @ 5:30 PM – 8:30 PM

Mebmer

Spinna B-ILL(Vo)

Tanco(Ba)

Yukky(Dr)

i-Watch(Gt)

Mama-R(Key)

SEIJIman(Per)

DJs

BLAXX a.k.a. EAST BLAZE

SHIO(UNSTOPPABLE)

 

HOME GROWN PROFILE

ジャパニーズ・レゲエ・シーンの黎明期より、その屋台骨としてDJ、シンガー達を支えてきた名実共にジャパニーズNO.1と評価されているレゲエ・バンド。

2002年にポニーキャニオンからメジャー・デビュー。

毎年各地で行われる、横浜レゲエ祭、大阪ハイエストマウンテンなどのビッグ・フェスに加え、2003年にはジャマイカ最大のレゲエ・フェス「Reggae Sumfest」へ正式に招聘される。またジャマイカからのアーティスト来日時には必ずといってよいほどバックを務め、現在までにT.O.K. / Beenie Man / Spragga Benz / Assassin / Mr.Vegas / Wayne Wonder、近年ではShabba Ranks / Cocoa Tea / Romain Virgo / Bitty Mcleanなどと共演を果たし、各アーティストらからそのパフォーマンスを絶賛されるなど、現場で磨き上げられたパフォーマンスはまさにワールド・スタンダード!

ライヴはもちろんRemix・プロデュース等の依頼が絶えないなど、現場・関係者らの信頼も厚く、Home Grownは2018年もLIVE&制作に活躍中。今後も彼らの動向がジャパニーズ・レゲエ・シーンを左右する、といっても過言ではない。

 

Spinna B-ILL PROFILE

シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始するも、2005年に惜しまれつつ解散。その後、Simply Redのギタリスト Kenji Jammer との活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL” として3枚のアルバムをリリース。

フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。

大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を得ている。

レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと最早ジャンルの壁はない。

ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している理由だろう。まさにOne&Onlyなシンガーである。

8月
31
FINAL
8月 31 @ 11:00 AM – 10:00 PM
7月
5
海開き
7月 5 全日
7月
6
CORONA PAY WITH PLASTIC
7月 6 全日

Time 12:00~14:00

「CORONA PAY WITH PLASTIC」の初回は海開きに伴って、7月6日(土)に開催。6日(土)にはオープニングイベントとして 、海の家「OASIS」にてスペシャルイベントを行います。プロサーファーの和光大さんをお招きし、世界の海を回る彼の、環 境やビーチに対する想いを語って頂くほか、スペシャルゲストとしてSurf Beat Musicを掲げる新世代ハイブリッドバンド「 SPiCYSOL」を迎え限定ライブを実施。また第二回目は、森戸海岸で花火大会が実施される7月25日(木)に多くの人が集まるため、24日(水)・25日(木)・26日(金)の3 日間に渡って開催。集めていただいたゴミは回収ステーションにてご自身で分別まで徹底いただく体験をしてもらうことで、 参加者の皆さんに海を守る活動への理解を深めていただきたいと考えています。

 

CORONA PAY WITH PLASTIC

期間限定で実施する「CORONA PAY WITH PLASTIC」。葉山・森戸海岸沿いに、ゴミ回収カウンターを設置。カウンターで配布する専用バッグを、ビーチ周辺で拾ったゴミでいっぱいにしてお戻しいただくと、ドリンクチケットをお渡しします。森戸海岸の海の家にて、キンキンに冷えたコロナ、またはソフトドリンクと交換いたします。 ※コロナのお渡しには年齢確認が必要です。身分証明証をお持ちください。

開催概要

日程:第1回 2019年7月6日(土) / 第2回 7月24日(水)~26日(金)

時間:10:00~SUNSET TIMEまで 場所:葉山 森戸海岸

 

フリープラスチックビーチ オープニングイベント

オープニングイベントへの入場は、「CORONA PAY WITH PLASTIC」に参加いただく事が条件となります。「CORONA PAY WITH PLASTIC」がスタートする10時にイベントへのエントランスチケットとなるリストバンドをお渡しいたしますので、森戸海岸入り口特設カウンターまでお集まりください。

開催概要

ライブ時間:2019年7月6日(土) 12:00~14:00

場所:葉山 森戸海岸・海の家「OASIS」内

参加方法:CORONA PAY WITH PLASTICへの参加順

モリエリチン
7月 6 全日

Time 17:30~19:30

Live  森俊也 ds / 小西英理 pf / ノダチン gt / 西内徹 sax

小西英理のアッパーかつ官能的なピアノと異国情緒漂うアコーディオンプレイ、森俊也のドラムとベースを一人で担うマルチプレイ、NODATINがセクシーに熱く彩りと凄みを放つギタープレイ。メンバーの技量の高さと唯一無二の極上トリオ”モリエリチン”がSAXの西内徹をゲストに迎え、2019年OASISのオープニングLIVEに登場!
7月
7
渋さ知らズ
7月 7 全日
渋さ知らズ

Time  17:30~19:30

LIve  不破大輔 vo.g.   登敬三 ts   北陽一郎 tp   小林真理子 b   山本直樹 ds   ファンテイル g   柴崎仁志 per  さやか すがこ 東洋 etc..

国内外の大小さまざまな音楽フェスティバルをはじめ、年間数多くのライブをこなす大所帯バンド、今年結成30周年を迎える渋さ知らズ。そして、リーダーの不破大輔はOASISのマーボーの古くからの友人であることから、今回Tribute to MABO1st early summer weekend~で、OASISに初登場!

 1989年、バンド・マスターの不破大輔を中心に結成。ジャズやロック、ラテン、ポップス、フォーク、演歌などさまざまなルーツが混在する、日本が世界に誇るジャズ・バンド。それに加え、舞踊や美術、映像、照明、音響など表現手段が渾然一体となった同時多発的な「イベント」ステージ上が連続し、観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドとも評される。これまでに、アルバム15枚、シングル2枚、7枚のライブ映像作品をリリース。1998年からはグラストンベリー()、メールス()、ロッチェッラ()、ナント()、ケベック()をはじめ海外のステージにも立つ機会が多く、現地では高評価を獲得。フジロックへの出演も決まっている注目のバンド。さて、OASISには何人のメンバーが登場してくれるのでしょうか?!